ミニ骨壺 きわみ 蒔絵や仏壇・遺骨ペンダントはメモリアルアートの大野屋WebShopへ!

ENGLISH¥5,000以上お買い上げは送料・代引き手数料0円!

手元供養なら大野屋!遺骨ペンダントやミニ骨壷をトータルでご提案。
メモリアルアートの大野屋

カートを見る

トップページ > 手元供養 > 大野屋オリジナル > 本漆のミニ骨壺 > ミニ骨壺 きわみ 蒔絵

手元供養・大野屋オリジナル・本漆のミニ骨壺・ミニ骨壺 きわみ 蒔絵|仏壇・仏具・位牌等、各種仏具の専門通販

















「きわみ蒔絵シリーズ」で使われている漆芸技法や、絹織物(遺骨袋)についてご紹介します。


■高蒔絵 (たかまきえ) 紋様部分を漆などで高く盛り上げる蒔絵技法。
■螺鈿 (らでん) 漆器の装飾技法のひとつで、貝殻の内側の虹色光沢部分を細かく切り出して漆地の表面にはめ込む技法。
■金平目 (きんひらめ) 純金の塊をつぶした粗い金を均一な厚さにしたもの。
■金梨子地 (きんなしぢ) 純金の塊を削り出した金。蒔絵で使われる中でも最高のもの。
■本漆 (ほんうるし) 国産の生漆を精製した希少性の高い漆のこと。
■彩漆 (いろうるし) 漆に顔料を混ぜて色を出したもの。朱漆、黄漆など。
■金蒔絵 (きんまきえ) 金をつかった蒔絵。
■卵殻蒔絵 (らんかくまきえ) 蒔絵で白色を表現するために卵などの殻を細かく割り螺鈿のように漆面に貼る技法。
■平極金(ひらごくきん) 純金の塊を削った金。
■小松綸子 (こまつりんず) 石川県小松市に伝わるなめらかで光沢がある絹織物。

8 件中 1-8 件表示 


8 件中 1-8 件表示